法曹界、官庁、警察など公権力すべてに信者が浸透する宗教団体「創価学会」の闇🤔

目次

 

法曹界、官庁、警察など公権力すべてに浸透する創価学会

こんにちは。

前回から、新たに宗教団体・創価学会の闇が見えて来ました。


f:id:merkun:20200720030552j:image

創価学会

今まで、自民党があんなにもボロボロなのに、安倍総理があんなにもインチキばかりしているのに、どうしていつも自民党が政治の第一線にいるのかと不思議に思っていましたが、創価学会が、表の顔である選挙時の票集めだけでなく、裏からも関与しているらしい事が分かってきました。

どうやら彼らは、私達国民が思う以上に、権力の中枢に深く潜り込んでいた様です。

今回は、前回紹介した、元公明党委員長の矢野絢也氏の書いた創価学会についての暴露本「黒い手帖」の内容や、その他関連する話題を交(まじ)えて考察していこうと思います。

創価学会の闇

【黒い手帖】

で、本には創価学会がどの様な方針を立てていたのかが書かれています。

第四章 カルト化する「池田教」より

参考

法曹界、官庁、警察など公権力すべてに浸透」その一

 

「公権力への浸透」といえば、私は具体的にその名を聞いたことはないが、多くの関係者の証言によると、学会内部に「法学委員会」なる組織があったといわれている。従来、学会は、司法試験や公認会計士試験、国家公務員試験などを目指す学会員の子弟の支援に注力してきた。
 その背景には、「総体革命」という考え方がある。一言でいえば、政界、官界、言論界、教育界、法曹界など権力の中枢機構に人材を送り込み、影響力を行使しようという戦略である。とくに池田氏が会長に就任した一九六〇(昭和三五)年以降、強力に推進しようとした。

(中略)

また総体革命の中において各分野にどのように切り込んでいくか(青法協=若手裁判官達の任意組織=等に対抗する組織の構築、官僚機構等に対する食い込み、そのあり方等の検討等)を検討していかなければならない段階に差しかかっている。
 更に、学会の諸活動に関するブレーンの本格的信心の訓練や育成、ということも考えていかなければならない」

 こうした上で、法学委員会を既に資格取得したOB中心の組織と受験生中心の組織二つに分け、前者では次の活動をすると記している。

「OB中心の組織は青年部又は社会本部所属とする(但し、…表に出せない面があるのて、特殊組織にする必要がある)。
 その主な役割は、
(一)合格者の掌握、信心訓練
(二)総体革命戦略の構築(各分野にどのように切り込んで行くか)
(三)特殊問題に関する戦略ブレーンの育成
(四)情報交換、情報提供
(五)受験生組織へのバックアップ」〉

 また、桐ヶ谷文書には「検事は五年後には各都道府県に一人、一〇年後には二人宛配置できる人数になる」「国家公務員は各省庁に、外交官は各国に配置できるようにしていく」などとの目標が記されていた。

 

この様に、信仰心の強い信者を育て、権力の中枢に信者を送り込む戦略が長年行われてきた様です。(イルミナティのやり方そのものですね)

一見、国の権力の中枢で信者が働くだけなら問題ない様にも思えますが、創価学会の場合は「国の為に」ではなく、あくまで「池田先生の為に、創価学会の為に」という信者教育が根底にあり、信者が勤め先などで、手段を選ばない行動に出る恐れのある事が問題です。

 

GoogleTwitter創価企業

例えば、皆さんは「グーグル八分」という言葉があるのをご存じでしょうか?

グーグル八分(グーグルはちぶ)とは、グーグルの基準に該当するウェブサイトが、Googleのデータベースから除かれ、Google検索しても内容が表示されない状態になることを、村八分になぞらえて呼ぶ言葉である。Googleの検閲行為とも言われる。英語では「Censorship by Google」あるいは「Google Censorship」と呼ばれる。

Google共同創業者、元CEOのラリーペイジは、創価学会USAの会員。創価学会USAのWikipediaには、

創価学会USA

米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国以上に展開する創価学会における最大の海外支部で、北米地域を管轄している。投資事業にも積極的で、TwitterGoogleマッキンゼー・アンド・カンパニーなどは創価学会の資本が入っていることは有名である。

 

創価学会USAに入信している人物
ラリー・ペイジ
ダグラス・D・マッキンゼイ マッキンゼー・アンド・カンパニー創設者のジェームズ・O・マッキンゼーの息子で現CEO。創価学会USAの信者で役員を務め、創価に多大な献金をしている人物でもある。

とあります。

Twitter社もGoogle社も創価企業。なので、Google八分により、両社とも創価学会関係や彼らが関わるもので不都合な情報を検索出来ない様に操作している様です。

現に、Googleに出て来ない検索結果でも、他の零細検索エンジンでは検索出来る場合が多いです。

今後は、このブログもGoogleで検索出来ないか表示され難くなるかも知れません。

過去に、芸人の北野誠さんが創価学会の悪口を言ったというので、即、ラジオのレギュラー番組を降ろされた事件がありました。(真相は謎のままと言われていますが、それしか該当する話しがどこにもありません)

その時、既に創価信者がラジオ局やクレームをつけた側の偉いさんにいたのでは無いかと思います。

関係者でない人が、そんな事で降板させる必要も無いですから・・・。

利用者(国民)は、知る権利を奪われない様に、他の検索エンジンを育てていって欲しいものです。少々不便になりますが、これは利用者を守る為に必要な行動と思います。

この様に、創価学会の場合は、池田の野望を遂行する池田教。時には、犯罪行為まで行います。(敬称略は、彼が既に死んでいると思うからです)

彼ら(信者)は、裕福になってもならなくても心(霊魂)から幸せを感じる事もなく、生きている間は心(霊魂)が満たされなくて、よくても見せかけの幸せを演じるだけだし、死んだら地獄に入るしかないので本当に不幸な人生をたどる事になります。

これは、創価学会だけでなく、カルト宗教は多かれ少なかれそういうものです。残念ですが、サタンを拝んでいるのだからそうなるしかない。いいとこ取りは出来ません。

早く気づいて、(カルト宗教から)離れられたらいいんですけど・・・。洗脳されていて、思考が停止しているのでなかなか難しいです。

さて、このブログでは、池田は李家(イルミナティ)の血筋というのが分かっているので、それを知った上でこの様な彼らのやり方を目にすると、彼らの戦略がいかに国民にとって危険なものであるかが分かると思います。

天皇家に彼の子と思われる雅子様を送り込み、忠実な信者を政治の中枢に送り込む。まさに、「日本占領計画」と黒い手帖の表紙に書かれている通りの事が行われていたのです。

 

池田大作の子供達

特に、トップ層のイルミナティ達は、昔から近親婚や多くの母親の違う子供が存在します。

前に、聖書の神様が罪として禁じている事を、悪魔崇拝者は逆に全て行うのを基本としていると話しました。要は、聖書の神様の教えの真逆が彼らの信仰です。

その中でも近親交配、淫乱(いんらん)、姦淫(かんいん)等の性的なものを大きな罪として聖書の神様は特に重要視して禁じている訳ですが、悪魔崇拝者は逆にこれらを犯す事が彼らの信仰の根幹になっています。

で、秋篠宮家の眞子様の婚約者になった小室圭さん。その後、親の借金問題等で叩かれ結婚延期となりましたが・・・。


f:id:merkun:20200722101645j:image

【左:小室圭さん 右:眞子様

 

彼の母親・小室佳代さんは、池田大作の子供と言われています。

f:id:merkun:20200722102346j:image

【小室佳代さん】

母親が池田大作の子供であれば、彼も池田の血を引き継ぐわけで、雅子様のみならず小室圭さんも皇室関係者となれば、池田の野望も叶う訳です。

で、それを知った秋篠宮家が借金問題を取り上げ、それを口実に結婚の延期をして、いつかは破断に持っていきたいと考えているのでは無いかと思います。

天皇家創価学会に変わってしまったら、国民にとっての天皇の意味も無くなります。

国の象徴として、国民の税金を堂々と搾取出来ていたのに、創価学会にとって替わったとなるとそういう訳には行きません。

天皇家悪魔崇拝者のトップ(イルミナティのラスボス)という事が公に出るのも死活問題ですが、池田一族が皇室を乗っ取るのも死活問題。どちらにせよ、皇室が本物の神様によって裁かれつつあるようです。

私達国民にとって、害悪を撒き散らしている彼らが早く滅びる事を祈れば、それだけでも、彼らの滅びが早くなると思います。

悪魔崇拝者が“呪文”を唱えるのは、サタンを呼んで自分の願いを叶えてもらう為(儀式とか変な事もしないといけません)。

それと似たようなもので、“祈り”とは神様を呼んで助けて貰う事。ちかんに襲われて「助けて〜!」と叫ばないと誰もきて助けてくれないのと同じで、神様も“祈り”によって救いを求めないときて助けてくれません。

 

で、話がそれましたが、池田大作の子供達、孫を集めて見ました。

f:id:merkun:20200722102323j:image

並べて見ると分かりますが、彼らに共通するのが「顎(あご)」。

池田家の特徴は、しゃくれ気味の顎。(ウケねらいじゃ無いですけど・・・😅)

 

池田大作を高く評価したクーデンホーフ=カレルギー

過去記事に、ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵夫妻の話をしました。

【関連記事】

   ⬇

merkun.hatenablog.com

ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の妻クーデンホーフ光子(青山みつ)です。

f:id:merkun:20200723174617j:image

【クーデンホーフ光子(青山みつ)】

どうです?彼女も顎、しゃくれてますよね。(ここも笑いを取ろうと思ってませんってば・・・🤗)

で、その息子リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの話も過去記事で少し話しました。

 

【関連記事】

   ⬇

merkun.hatenablog.com

 

 

創価学会 池田大作

【リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー】
(1894年〜1972年(77歳没))

彼は、世界連邦運動の提唱者。欧州連合EU)の礎を築いたと言われています。

ヨーロッパ側から天皇をトップとするワン・ワールドを企てた人物です。なので、昭和天皇に個人として謁見し、勲一等瑞宝章を授与されています。(彼も、天皇家と血族に当たるから勲章をもらえるのだと思います)

その彼が、池田大作を高く評価していたのです。

 

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

クーデンホーフ=カレルギーの晩年、世界は東西冷戦下にあった。クーデンホーフ=カレルギーは世界平和の実現のため、仏教に、創価学会に希望を抱き、1967年の訪日(帰郷)では創価学会池田大作会長との会見を強く求めた。鹿島、NHK、友愛青年同志会の関係者一同は創価学会への接触には反対していたが、クーデンホーフ=カレルギーはそれには構うことなく、1967年10月30日に会談を実現した。

クーデンホーフ=カレルギーは自分より30歳以上若い池田会長を好人物・知性ある人物として高く評価した。クーデンホーフ=カレルギーは池田会長が日本国外の知識人・要人と対談した初めての相手となったクーデンホーフ=カレルギー著『美の国 日本への帰郷』(1968年、鹿島研究所出版会)には池田に関する言及もある。

という訳で、クーデンホーフ=カレルギー家は、池田大作を高く評価していたのです。そして対談まで実現しています。


f:id:merkun:20200723225724j:image

【左:池田大作 右:クーデンホーフ=カレルギー】

池田大作寄りの一族の繋がりを感じますよね。イルミナティは、血族で栄えてきた人達ですから・・・。ですが、権力争いをする連中なので、手段を選ばず互いに争う。

そして、クーデンホーフ=カレルギー家は、ハプスブルグ家の家臣という事です。

ヨーロッパ随一の名門ハプスブルク家とは

ハプスブルク家は、13~20世紀初頭までの約650年間も神聖ローマ帝国オーストリア王朝の皇帝として、ヨーロッパを牽引した名門です。

で、ハプスブルグ家で有名な話題は、「ハプスブルグ家の顎」と呼ばれている様に顎のしゃくれた人が多いという話。


f:id:merkun:20200723233018j:image

 ハプスブルグ家の顎は、ダントツですが、ハプスブルグ家=クーデンホーフカレルギー家=池田家に一族の繋がりを感じます。

 

では、本日はこの辺で😙