さて、今日は何を話そうか!?

世の中に対する疑問や思い、自身の習い事、出来事などをいっぱい記録していけたらいいなと思っています。

ところで、ゾロアスター教ってどんな宗教なの❓🤔

こんにちは😙

前回は、聖徳太子秦河勝(はたかわかつ)であり、秦一族の宗教はゾロアスター教(神社仏閣と一緒に混ぜて拝んでいました)の影響を受けた宗教だった、という話をしました。そういう訳で、ゾロアスター教の影響を、神道密教も受けている事が分かりました。密教では拝火教である護摩焚きの修行がある事から影響を受けている事が分かり、神道では、建物の作られ方や舞楽などで推測出来ました。

何故、神道と仏教に分かれてしまったのかは、明治の神仏分離令だけのせいでは無く、おそらく祀っている神の違いによるものと思われます。

厳島神社秘仏は弁財天、ヒンドゥー教ではサラスヴァティーペルシャではアナーヒター、バビロニアではイシュタルギリシャではアフロディーテと同一神と言われています。(変身し過ぎです😑)人類の救いを願うものであれば、一つの名前で十分ですよね。この様に複雑にして、サタンは人類を惑わすんです。

イシュタルは、旧約聖書でいうアシュトレトにあたる。カナンのアスタルテやシリア女神のアタルガディスにも起源を同じくする。

(アシュタロテ=アスタルテ=アシュタルテ皆同じ)ややこしいですね😣

f:id:merkun:20190416163451j:image【カナンの土着の宗教】

旧約聖書で、カナン人が崇拝していた神にバアルとアシュタロテ(アスタルテ)が出てきます。

表より、弁財天はアスタルテであり、バアルの妻だったんですね。そしてそのバアルは、ヒンドゥー教ではシヴァ神だからその妻のアスタルテはカーリーという事になります。

フェニキアにおけるアスタルテ

フェニキアにおいては世界の真の統治者であり、古い世界を破壊しては新しい世界を創造する死と再生の女神だったとされる。また、インドのカーリーとも同一視され、カーリーのような姿のアスタルテの刻像が見つかっている。Wikipedia

ただ、ヒンドゥー教では、アスタルテはサラスヴァティーとされていて、その性格は穏やかとされている。なので、カーリーと同一の扱いにはなっていないのでこの辺が引っかかりますが、福の神貧乏神の話にあるように善神っぽい部分だけを取り上げてサラスヴァティーと名付けているのかも知れません。

merkun.hatenablog.com

なので、怒(いか)るとサラスヴァティーもカーリーの性質に変化するのかも知れません。

バビロニアのイシュタルの記述にしても、優しいふりをして、かなり残酷な面があります。

イシュタル

美しくも残忍な野心家

イシュタルは全てを手に入れなければ気が済まない野心家だが、愛情が冷めてしまえばその後の扱いは酷いものだった。

(中略)

人間に対しても同様で、泣かせたり動物に変えたりという汚行を繰り返してきた。とある牧人には子どもを供物として殺させ、最後には牧人自身を狼に変えたという逸話もある。また、自身の誘惑を撥ね退けた者に対する残酷さは群を抜いていた。

と、あります。

そういう様なところからだと思いますが、旧約聖書におけるアシュトレト(アスタルト)が、後にヨーロッパのグリモワール(魔術書)において悪魔・アスタロトとされたそうです。Wikipedia

一方、四天王寺のほうは牛王尊(ごおうそん)という神を祀っています。

f:id:merkun:20190416171002j:image【牛王尊】

これも、牛と関係する社(やしろ)なので、牛頭天王(=シヴァ神=バアル)なんでしょう。

ところで、ゾロアスター教はインドに7万人も信者がいるというのに、あまり詳しい事が分からない宗教だそうです。

というのも、

本来古代のイラン世界では文字は音声を物質化した賎(いや)しむべきものと見なされていたようで、古代からの伝承は神官(マギ)などが口伝によって代々受継がれていくものとされていたという。(サーサーン朝)

説明によると、秦一族はゾロアスター教の神官(マギ)達だった様です。しかもペルシャでは文字にして残す事をあえてしない文化だった。建築、機織り、灌漑(かんがい)技術など全て口伝で伝えられて来たという訳ですね。

さて、ゾロアスター教の教理とはどんな教えなのでしょうか❓

その中でも際立っているのが、彼らの一番の教えであるクワェード・ダフ(フヴァエトヴァダタ)。

フヴァエトヴァダタ(Xᵛaētuuadaθa)は、ゾロアスター教聖典『アヴェスター』に記された最近親婚(二親等内の近親同士による結婚)のこと。パフラヴィー語でクワェード・ダフ(Xwēdōdah)とも呼ばれる。ゾロアスター教で最も徳のある行為の一つとされている。

ゾロアスター教では「善思・善語・善行」の三徳だけでは、最上の天国には行けず、最近親婚により、それが成就されると説かれている。実際に、ゾロアスター教を国教としていたペルシア帝国の王家では最近親婚がなされていた。現在行われているかどうかについては不明な点が多く、特にインドのゾロアスター教徒イスラムに囲まれて立場を弱くせざるをえないイランのゾロアスター教徒と比較してその財力も相まって閉鎖性が強く、拝火神殿内に異教徒を入れないため、分からない所が多い。

となっています。

つまり、どれだけ善を行なっても天国にいけない。親子又は兄妹姉弟間と性的な関係にならないと天国に行けないという教えらしい。

Wikipedia

聖典『アヴェスター』のヤスナ第12章には信仰告白として善神アフラ・マズダーを祀ることと共に最近親婚に従うことが記されており、諸々の教法(ダエーナー)の中で「最大にして最勝かつ最美なるもの」と表現されている。 

(中略)

ペルシアでは家族の性的な結びつきが神聖視されており、中世ペルシア語では最近親婚はフヴェトゥクダスと呼ばれ、近親性交のある男女の体液には薬効があると信じられていた。

どれだけ異質な宗教か分かると思います。今はどうか分かりませんけど、古代の様におおっぴらに言える事ではないので水面下に隠れて見えないだけなのかも知れません。

日本の天皇家もいとこ婚は当たり前、古代はもっと近親婚を繰り返していたようです。

参考 

ここで見ていただきたいのが斉明天皇から始まる桓武天皇までの、皇族の家系図である。仏教に帰依した聖武天皇以外ほとんどの天皇が近親婚を繰り返しているのに気がつくはずである。(Wikiより引用)


f:id:merkun:20190415212702j:image

ちなみに、あの自動車メーカーのマツダ。MatsudaなのにMazdaとツをズに変えています。

「マツダ」の由来と意味は?
社名「マツダ」は、西アジアの文明の発祥とともに誕生した神、アフラ・マズダー(Ahura Mazda)に由来します。
マズダーを東西文明の源泉的シンボルかつ、自動車文明の始原的シンボルとして捉え、また世界平和を希求し自動車産業の光明となることを願って名付けられました。

また、マツダの創業者でもある松田重次郎氏の姓にもちなんでいます。

と言う事らしい。マツダの創業者はゾロアスター教徒でしょうか⁉️

で、結局、ヒンドゥー教ゾロアスター教も異常とも言える性癖とでも言ったらいいんでしょうかね、それを重視する宗教という点で似ています。

まぁ、どっちにしても、こう言う教えが聖なるものとはかけ離れている事が分かると思います。こんな事で天国にいけるとも思いませんし、そもそも、天国にそんな奴おらんやろ〜😑

ゾロアスター教も善と悪の二元論を謳っていますが、キリスト教の二元論とは大きくかけ離れたものとなっています。

人間は自由意志をもち、善(アシャ)か悪(ダエーワ)を選択出来る。例えば、嘘をつかずに、真実を話せばそれは悪ではなく善を選択という事になるそうです。誰もが善と悪を選択する自由を持っている。参考

意味、分かります❓要するに、悪い事をしても素直に話せば善とみなされるって事です。これって、素直に白状すれば、どれも善い行いになるって事ですよね。確信犯が増えますねぇ。しかも、善い行いが多ければ天国へ、悪い行いが多ければ地獄へ行くそうです。

この屁理屈ないい訳を使えば、どんなに悪い行いでも素直に白状してしまえば、善い行いばかりになり誰も地獄に落ちる人はいなくなる。こんなんで、救われる訳がないですね。
で、この宗教は、鳥葬が有名らしくて、これも変な意味があって、

人は死後の息を終えると不純なものになるとされています。

二元論に基づけば「生」は神の業であって、「死」は悪の業だと考えられているそうです。そして、死後、体は不浄な雄牛の尿で洗われ見せしめの為に放置される。

その後、伝統的に遺体は「沈黙の塔」に置かれ猛禽類の餌となる。現在では、火葬や土葬に代わりつつあります。参考

ゾロアスター教において、聖なる火で死体を焼くことはタブー。母なる大地が与えてくれた「水・風・火」といったものを神聖なものと捉えている。だから、鳥葬という形になったんだそう。


f:id:merkun:20190418164718j:image【沈黙の塔の構造】

インドのゾロアスター教では、今も鳥葬をやっているそうです。

沈黙の塔の説明

各塔には、ある共通した構造がある。石のブロックによって円筒形に建てられた塔の内部は、すり鉢状に緩い勾配がつけられており、外側から中心にかけて、男性、女性、子供の遺体を並べる為に3つのレーンが階段状に設けられている。遺体が置かれる床面には、雨水や遺体から流れる体液を下に流す為の溝が掘られており、鳥に肉を食われ白骨化した遺体は中心の穴に投げ込まれるようになるという構造だ。(ちょっと、キモいのでこれ以上はやめておきますね)

いくら遺体だといってもそういう扱いをするのはちょっとやめてよ、と思うけど、悪魔教だと理解すれば逆に納得出来る。とことん人類を憎んでいますからね。

では、本日はこの辺で😄