創価学会と後藤組とオウム真理教との関係🤔

目次

 

創価学会は李家の文字をとって付けられた

こんにちは!バーベキューになりそうなくらい暑いですね(ヽ´ω`)

では、早速、創価学会の闇を今回も考察して行きたいと思います。

創価学会が、宗教の看板を掲げたヤクザまがいの組事務所的な組織だという話をしてきました。

そもそも、池田大作自身が金融業の取り立て屋をやっていたそうで、血も涙もない取立てぶりはチンピラそのものだった様です。

 

創価学会

池田大作

日本を仕切るイルミナティの正体は、在日ヤクザが殆ど。

特にイルミナティの中心・李家は、中国マフィアを牛耳る程の一族で、ある意味マフィアよりマフィア、ヤクザよりヤクザな一族と言っても過言ではありません。

ちなみに「創価」という文字は「李家(リイケ)」を表しています。

創➡リ

価➡イ

李家の「リ」と「イ」を表す。


f:id:merkun:20200817001036j:image

彼らイルミナティは、必ず何らかの目印をつけるのが好きな連中でした。だから、名前にもじったんでしょうね(いつかは、バレるもんです)。

おまけに、「中国を父、韓国を兄と敬え」という言葉が学会にはあるそうで、これは小中華思想の「中国は父、韓国は兄、日本は弟」というのと同じものと思います。


f:id:merkun:20200818143152j:image

小中華思想とは、「中国を父、韓国を兄、日本を弟」とする見方を意味します - 여기저기 한국 ヨギチョギ韓国

日本は、(中国の諸侯国として中国に仕えた)韓国より正統性で負けている。

だから韓国の方がもっと上であり、大きな権利を持っている。そういうことです。

くだらない話ですが、これが朝鮮半島の人たちの日本を見下す、昔の「根拠」の一つでした。

池田創価は、完全にあっちの人の思考です。現代でも、その思考を信者に押し付けようってわけです。

日本人は、中国は中国、韓国は韓国、日本は日本でそれぞれ違った国という感覚しか無いので、どっちが偉いとか下だという考えは全く有りませんよね。

 

 

又、聖教新聞には、日韓を韓日と書き日中を中日と書くそうです。


f:id:merkun:20200818132746j:image

日本の新聞であれば、この様な表現はしません。日米、日英とか、日本を先にした書き方です。

日本にあって、日本をないがしろにした感覚ですよね。

以上の事から、創価学会は、李家の世界征服(ワンワールド)の為に創られ、そうとは知らない学会員を手先として利用する宗教の仮面を被った団体だと言えます。

生活が苦しいのも現政権が悪いからと騙し、自分達が政権を勝ち取ったら、世の中が良くなるとでも洗脳してきたのでしょうね。

で、話を元に戻すと、池田自身がヤクザみたいなものだから、ヤクザを使ったり、ヤクザまがいの脅迫や集団ストーカーなどを信者にさせたりする行為も、彼らにとって普通の感覚なのでしょう。

そこが、多くの日本人と違う所でもあるのかなとも思います。

 

後藤組の組長・後藤忠政

創価は、ヤクザの後藤組と関係があったそうです。
f:id:merkun:20200818232927j:image

後藤組(ごとうぐみ)は、静岡県富士宮市に本部を置いて20世紀から21世紀の初頭期... : カンボジアで伯爵になった元ヤクザ組長 後藤忠政元組長とはどんな男なのか? - NAVER まとめ

後藤組(ごとうぐみ)は、静岡県富士宮市に本部を置いて20世紀から21世紀の初頭期まで存在した暴力団で、指定暴力団山口組の二次団体であった。構成員と準構成員を併せた人員総数は2006年の時点で1200を数え、後藤忠政を首領に据える山口組有力二次団体として権勢を誇ったものの、山口組から除籍処分を受け2008年に解散

現在、元組長の後藤忠政カンボジアで2012年に伯爵になったという事ですが、彼もまたイルミナティでしょうね。

カンボジアで伯爵になった元ヤクザ組長 後藤忠政元組長とはどんな男なのか? - NAVER まとめ

カンボジアという異郷の地で市民権を獲得、そればかりかフン・セン首相の与党・カンボジア人民党党員としても活動し現地での”貢献”(赤十字や孤児院、病院などに合計1億円の物品寄付)がみとめられてシハモニ現国王から爵位(オギャ=oknha)を授かっていた。ヤクザの世界を経て、第二の人生をこれほどドラマチックに歩む人物はいない。

赤十字」という組織もいわくのある組織です。

RAPT | 天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。

 

この様に、世界に彼らの血族がいて受け入れてもらえる。世界の支配者層も、彼ら一族を含むイルミナティという証拠です。全ては出来レース

かたぎになったからと言って、誰が元ヤクザを信用するでしょうか!?

たかだか数年で、元ヤクザだった人が信用を得る事は先ず不可能!!

一般人でも、「頑張ってるね」と言われる程度です。なのに、元ヤクザだったら、人一倍努力しても難しいのに、伯爵クラスの高待遇というのはどう考えても変ですよね。

しかも、彼は、カンボジア政府高官に人脈を築いて、国会議員を目指すことも考えているとまで言っているそうです。引用

カンボジアの国民をバカにするのも、いい加減にしてほしいですよね。

こんな血の気の多い人達が世界を牛耳るから、権力争いが起き戦争が絶えないのです。

彼は、偽善者になっただけ。

偽善者は、自分の悪なる部分を隠す為に、いい人を装うので2重の罪を犯している事になります。

なので、偽善者は、ハッキリ悪人と分かる人以上に悪人というわけです。

聖書でも、偽善者に気をつけなさいと頻繁に書かれています。

彼らは、その悪を必死で隠そうといい人振るから、この世では誰よりもいい人に見えます。

例えば、慈善団体を作ったり、多額の寄付を収めたりする人を、誰もが立派な人だと思ってしまいます。ですが、彼らは、後で何倍ものお金がキャッシュバックする様に小細工をしているので、表面上は立派に見えるだけという偽善者も多くいます。

聖書では、サドカイ人やパリサイ人らが偽善者の代表でした。なので、イエスは最初から彼らを酷く罵(ののし)りました。

悪人でない人は、隠す必要もないので自分を飾りません。なので、いい人っぽくは全然見えないのです。ごく普通って感じでしょうか。

そういう理由で、神様に一番大きく裁かれたのは、サドカイ人やパリサイ人ら偽善者なのだそうです。

信仰の先生Raptさんに教わりました。

 

で、話を元に戻すと、今も昔も一般の学会員は、池田らがヤクザと付き合いがあった事は知らないのでしょう。信者は、池田創価の言う事に盲目だから・・・。

ですが、ネットが普及したこの時代、彼らの過去の犯罪も明るみに出る様になりました。それに気付いて創価から離れる事が大事です。

輪廻転生は有りません‼なので、一度きりの人生を大切にしてもらいたいです。

 

後藤組創価学会オウム真理教との関係

後藤組富士宮(ふじのみや)で、創価学会の墓地開発の土地取得の為、地元の反対派を脅迫したり、刀で切りつける等の事件を起こしました。

それ以外にも、後藤組組長に、公明党常任顧問の藤井富雄東京都議が、創価学会に批判的な亀井静香自民党代議士を黙らせて欲しいと依頼したという話があります。

引用

『月刊・現代』2004年2月号には、池田大作の側近であり公明党常任顧問でもある藤井富雄東京都議が後藤組組長に、創価学会に対して批判的な亀井静香自民党代議士を黙らせて欲しいと依頼する場面が収録されたビデオテープがあることを魚住昭(元共同通信社記者のジャーナリスト)が書いています。後藤組富士宮で、オウム教と創価学会双方に関わり大きくなった組織です。

記事によると、後藤組との付き合いだけでなく、後藤組はオウム(真理)教とも関係があったとの事。

なので、創価学会後藤組だけでなくオウム真理教との関わりがあったとしても不思議では有りません。

それを裏付けるのが、オウム真理教とロシア政府とのパイプ役として、草川昭三公明党副代表)が関わった事が分かっています。

公明党は、創価学会の政治部門担当の出先組織。「創価学会党」と名乗るべき党です。

公明党 < 創価学会 < 池田大作(死亡)

という力関係でしょう。

引用

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる?

 

(中略)

平成三年にはロシアを訪問、エリツィン大統領の側近のロボフ氏に面会して、有名な「ロシア日本大学」構想をぶち上げる。

(中略)

オウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月草川昭三公明党副代表)、後に山口敏夫が関っている。
この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。では、草川昭三とはどんな人物なのか。
草川昭三 昭和三年生まれ。名古屋第一工芸高卒。愛知県選出の衆議院議員。最初は民社党から出馬、後に公明党となる。当選七回。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる。
オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!

(中略)

オウムの施設が林立する上九一色村という所は、日蓮正宗総本山大石寺から直線距離にして三キロの位置にある。
「当時、日蓮正宗創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、本来は大石寺日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)という見方も出てくる。

オウムの元教団幹部の中川智正は東京地方裁判所で行われた松本智津夫の公判に証人として出廷した際、1994年6月に遠藤誠一新実智光とともに富士宮市にある日蓮正宗大石寺サリンをまくための下見に行ったと証言した。そして「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。

 オウムの仮谷さん拉致事件で使われたレンタカーのデリカは、創価学会員がレンタカー会社で借りたものであったが、オウムと創価学会の関連事項は多い。

このオウム真理教事件に、創価が関わっていたと証言する人が他にもいます。

前々回の記事に載せた、創価学会相手に訴訟を起こした元創価学会員の髙倉さんのブログです。

彼は、創価学会元副教学部長の野崎至亮(よしゆき)氏と池田大作の資産話をするうちに、野崎氏から「東村山事件」と、「オウム真理教事件」に創価が関与していたという事を打ち明けられたそうです。

先ずは、「東村山事件(朝木明代市議転落死事件)」の概要がこちら。

 

f:id:merkun:20200818234221j:plain

【東村山事件】

引用

東村山事件とは、平成7年9月1日の夜、東村山市の現職の市議会議員朝木明代氏が、東村山駅そばのビルから転落しているのが発見され、搬送された病院で死亡した事件のことです。この市議会議員は、創価学会池田大作創価学会名誉会長を弾劾する活動をしていたことで有名でした。

で、髙倉さんの東村山事件に関する陳述書の文書の中身がこちら。

陳述書

殺害予告に脅えた背景となる事情
-野崎至亮氏から聞かされていた東村山事件の「真実」-

 

(中略)

「平成7年9月1日夜、創価学会の最高幹部から朝木議員を脅すように命じられた暴力団員2名が、朝木議員の体をビルの6階の外側に抱え上げて、創価学会に敵対する活動を止めなければ落とすぞと脅していたんです。ところが、誤って朝木議員を落として死亡させてしまったと、この暴力団員2名が、創価学会の幹部(註:池田大作氏の海外資産の移動に関与した創価学会員で、職業は公認会計士か税理士。)のところに顔面蒼白になって駆け込んで来たんです。そこで、この創価学会幹部は、朝木議員のことは自殺として処理するので、ほとぼりが冷めるまで身を隠せと暴力団員に命じたんです。」と、野崎氏は話しました。

(中略)

私がびっくりして、「東村山事件には、創価学会が関係しているのですか。」と質問すると、野崎氏は、ウチ(創価学会のことを指す。)は、オウムの事件にも絡んでいますからね。」と答えました。

 東村山事件に関する野崎氏の発言は、池田氏の資産に関する話の中でなされたものでした。私は、野崎氏は「真実」を語ったと感じました。

 しかも、オウムのことまで飛び出したので、私は、心底驚きました。この時は、私が質問もしないのに、なぜ、野崎氏が東村山事件のことを話したのだろうかと思いました。

 しかし、野崎氏に、発言の真意を聞くことはしませんでした。私は、創価学会の闇の奥深さを垣間見たような気がしました。私は、とても恐ろしくなり黙り込んでしまいました。野崎氏は、私の雰囲気を感じたのか、これ以上は語りませんでした。

と、この様に証言した陳述書をブログに載せています。

しかも、地下鉄サリン事件を起こしたオウムの新実智光は、元学会員という情報もあるので、他にもオウムの信者に元創価信者が混じっていた様です。

オウムには、創価信者だけでなく、統一教会の元信者だった幹部の早川 紀代秀(はやかわ きよひで)の様な者もいたそうです。

元オウム広報部長・上祐史浩が、下記の様に発言しています。

引用

オウムと創価学会の準軍事的関係がはじめて公的に明らかになったのは、1995年4月4日、オウム広報部長上祐史浩の外国通信記者クラブでの会見であった。上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。

(中略)

オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。

もしかすると、彼らは、工作員として送られた学会員かも知れませんね。

信仰の先生Raptさんが教会から追い出した人達も、その殆どが工作員でした。創価大本教統一教会工作員もいたのでは無いかと推測しています。

今や、多くの教会が、工作員によって乗っ取られている様です。

で、その地下鉄サリン事件の10日後に、「警察庁長官狙撃事件」が起きました。

警察庁長官狙撃事件(けいさつちょうちょうかんそげきじけん)は、1995年(平成7年)3月30日に当時日本の警察庁長官であった國松孝次が何者かに狙撃された事件である。

 

地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)は、1995年(平成7年)3月20日に東京都で発生した同時多発テロ事件である。

狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話があり、國松長官に続く次のターゲットの名前と共に、地下鉄サリン事件の(オウム)教団への捜査を止めるよう脅迫電話があったそうです。

長官狙撃事件の犯人は、警視庁内部では、公安部がオウム犯行説を主張、刑事部が強盗殺人未遂犯による犯行説を主張、捜査方針が対立していたそうです。

警察と公安部には多くの創価学会員が働いています。

先程の「髙倉さんの陳述書」の証言が正しいとすると、地下鉄サリン事件オウム真理教が犯人で、長官狙撃事件の犯人もオウム真理教としたい創価学会の影が見え隠れします。

では、本日はこの辺で。暑〜い(;´Д`)