表社会と裏社会の共存は必要か❓

こんにちは☺️やっぱり寒〜い❄️😣❄️

久々に図書館へ入ってブラついていると、私の興味をそそる様な本📖が・・・。その題名に惹かれて何となく借りてみました。(タダだし🤭)

ちょっと、古いんですけどね。「呪いと祟りの日本古代史」


f:id:merkun:20190117225249j:image

オカルト❓ってな感じの表紙みたいな本なので、何か面白い事でも書いてあるのかと思って、チラッと読んでみようかな、と・・・。そういや、昔から権力者って何かしら拝んでいましたよね。天皇はもちろん、上杉謙信とか武田信玄とかその他の戦国武将もだし、安倍首相、トランプ大統領とかも宗教に影響を受けてますね。そんでもって、戦国時代なんかは、殿の側にいかにも怪しそうな僧侶がいたりして、色々と殿に口添えするんですよね😗

今日は、この本を読み出して、最初あたりからいきなり突っ込みを入れたくなる様な事を書かれていたんで、一言、いや、かなり物申したいと思います。

この作家さんの考えがちょっと解(げ)せんのですよ。

ー引用ー

極論すれば、「法」という「秩序」があるからこそ、暴力団が生まれる、という事である。法のあるところには、必ず無法者が存在するのであって、これは、人類の歴史の鉄則に他ならない。

両者は表裏一体の関係なのであって、「裏」を抹殺しよう、撲滅しようなどという発想は、所詮机上の空論にすぎない。「裏」を消し去ろうとすれば、「表」もなくなるのである。「表」がなくなる、というのは、「表」が「裏」になり、「裏」が「表」になる、ということに他ならない。

必要悪でもある「裏」を忌避するあまり、「表」と信じてきた社会の秩序が、実際には「裏」のシステムに組み込まれていたという、それまでは隠されていた法治国家の「裏側」を白日のもとにさらけ出してしまう事態を招くだけである。

つまり大切なことは、このような表と裏が密接に絡み合っている、そういう混沌が、人間の営みそのものだということを、われわれはまず、「現実」として認識しておく必要がある、ということである。

と、こう思っていらっしゃる。

「「法」という「秩序」があるからこそ、暴力団が生まれる」と書かれていますが、暴力団がいるから法が必要になるんじゃないですかね。なんか、逆なんですよね、考えが・・・。悪い事をする者がいるから、法を整備しないといけなくなるんです。

「裏(社会)を抹殺しようとするのは机上の空論だ」と言い、「裏(社会)がなくなれば表(社会)も無くなる」と変な事を書かれていますが、じゃあ表も裏も無くなると人類はどうなるんでしょうか❓まさか、人類滅亡とでもいいたいのでしょうか❓🤭

人類がいるかぎり裏(社会)が無くなったとしても表(社会)は存在します。

むしろ裏(社会)は無くなった方が断然良い。クリーンな社会で何が問題なんでしょうか。逆に、人を疑わなくて済むし気持ちも楽になるんですけど・・・。表社会に裏社会は必要ない‼️

しかも、「表が無くなると表が裏になり、裏が表になる」と屁理屈こいてますけど、表が無くなると全部裏社会が牛耳る事になるんじゃ無いですかね。私の言っている意味分ります❓

表社会が無くなると、裏社会の人が何の遠慮もなく、堂々と表に出て悪を行うので、暗黒の世界になるんじゃないですかね。北斗の拳みたいな世界になるのかも知れません。お前は、もうすでに死んでいる😅って世界(ストーリーを知らない人はググってね)

正しい人は誰も居なくなり、相手をやっつけ無いと生きていけない世界。そんな世界に住みたくないですね🤮

「社会の秩序が、実際には「裏」のシステムに組み込まれていたという、それまでは隠されていた法治国家の「裏側」を白日のもとにさらけ出してしまう事態を招くだけである」と。それの何が問題なんでしょうか❓

「さらけ出して、スッキリしいや(何故か会話になると関西弁🤭)」って思うけど・・・。国民に隠して、国民を欺くような行為はよくないです。

現に、政権は、表面的には韓国と仲が悪いふりをして、九州に日韓トンネルを日本の資本で作ろうとしています。(現在は、中断しているそうですが、政治的にメドが整えば再開するかも知れません)

 

f:id:merkun:20190121131432j:plain

日韓トンネルの予定ルート

大手のマスコミも、竹島問題慰安婦問題は、大々的に取り上げるのに、この様に明らかに仲が良いと思える様なプロジェクトは報道しない。

ついでに言わせて頂くと、日本にとって何のメリットもないトンネルです。日本国内ならわかりますが、他国と繋げるのは如何なものか。防衛上も問題有りですよね。しかも、資金を何で日本が払うのか、おかしすぎるでしょ😔

日韓トンネル

日韓トンネルの推進団体として1982年4月に「国際ハイウェイ建設事業団」(会長は統一教会国際勝共連合の会長を兼任する久保木修己)が、翌1983年5月24日に「日韓トンネル研究会」(2004年2月にNPO法人化、1993年発行の書籍には麻生太郎古賀誠久間章生など多数の九州の自民党有力議員が顧問として参加したとされた)が設立され保守政治家が賛同したとされた。

ここに出て来る統一教会(現:世界平和統一家庭連合)とは、自らの教えをキリスト教と主張していますが、その独自の神学は仏教、儒教道教シャーマニズム等の土着の諸宗教の影響も受けており、到底キリスト教とはかけ離れた宗教。異端、異教としてキリスト教とは認められていません。

むしろ、何でも取り入れて本質をごまかすところは、カルトと読んでいいと思います。

その統一教会では「日韓トンネル」を「日韓ハイウェイ」とも称し、「1ミリ運動」という名で、信者から一口5万円の献金を促してもいるそうです。

で、このプロジェクトは、10兆円かかるそうです。結局、このプロジェクトの利権で得をする日本側の人物は、麻生太郎ではないでしょうか⁉️親族経営の麻生セメントが莫大な利益になるでしょう。当然、麻生太郎のふところにも見返りがたんまり入って来る仕組みになっていると思います。

で、ついでに第18代大統領の朴 槿恵(パク・クネ)氏の父は、第5代~第9代大統領の朴正煕(パク・チョンヒ)と言って、日本名を高木 正雄(たかぎ まさお)と言うそうですし、第17代大統領の李 明博(イ・ミョンバク)氏は、日本名を月山 明博(つきやま あきひろ)と名乗り、大阪府大阪市平野区出身だそうです。在日の人だったんですね。

ちなみに、大正時代には、日本の元皇族の梨本宮(なしもとのみや)方子(まさこ)さんが、高宗(こうそう=朝鮮王)第七皇子(大韓帝国最後の皇太子)に嫁いだそうです。

f:id:merkun:20190121142443j:plain
f:id:merkun:20190121142551j:plain
李 方子

 

李 方子(り まさこ、朝鮮語: 이방자〈イ・バンジャ、り ほうし〉、1901年〈明治34年〉11月4日 - 1989年4月30日)は、日本の元皇族。宮家(梨本宮家)の第一王女子として生まれ、同国内で皇族に準じる待遇をうけた李垠(旧大韓帝国、高宗第七皇子)に嫁した。

 

そんなこんなで、韓国の政治家も在日の人が多くいるのではないかと思います。逆に、日本の政治家の中にもバレて無いだけで、在日の人が多くいると思います。皇族も嫁いだりしていますからね。権力者は、政略結婚多いですから・・・。しかも、その政治家のブレーンも在日の人が沢山いるんじゃないですかね。

生粋の日本人だったら、潜在的に韓国はよその国と認識しているから、よその国とトンネルを繋がないでしょ。いくら仲が良くても、そこは遠慮しますよね。

権力者同士が在日で、日本も韓国も同じ自分達の国と思ってるから、国民感情が分からないんじゃ無いでしょうか❓

政治家も変な猿芝居をしてますし・・・大手のメデイアは情報を明かすどころか隠す方向だし、情報操作に重点を置いているとしか思えません。それなら、尚更腹立ちますね。(新聞代、返せ‼️と言いたい)

どうやら私達国民は、自分で情報集めをしないといけない時代に突入した様です。ハリーポッターの第5話不死鳥の騎士団で、日刊預言者新聞があてにならなくなったので、ハリー達は自分達でダンブルドア軍団を結成して自分を守る防衛術の魔法を練習していました。そんな感じの世の中になりつつあるのかも知れません。

で、話が大きくそれたので元の話に戻ります。

この本を書いた方は、例えとして、

日本の政界と暴力団は裏で繋がっている、戦後の混乱の中で、労働争議が頻発し、また共産思想が蔓延し、これを潰す目的で、当時の政府は「裏」を活用した。この為、「表と裏」の馴れ合いの体質は、その後も引き継がれている。云々。

警察と暴力団も馴れ合いの中にいる。江戸時代の「岡っ引」を見ればわかる通り、犯罪捜査には、裏社会に精通した者の手助けが必要なのだ。云々。現代の警察と暴力団の関係にも似たようなところがある。殺人や強盗などの重大な事件が起きたとき、警察は「裏情報」を求める。その為に、常に「裏社会」とはなにかしらのパイプを必要としているのである。ただ、誤解のない様に付け加えておくと、「裏」が大手を振ってのさばる社会がいいと言いたいのではない。

と、言われてるんですけど。

当時は当時、今は今でしょう。いけない事と分かったら止(や)めるのが筋。

確かに、ずっと馴れ合いで共にして来たかも知れませんが、法律でも暴力団排除条例が施行されている訳で、時代も進歩しているんだから考えも進歩しないと・・・。

当時、この条例に関して、知識人(青木理(ジャーナリスト)、佐高信(評論家)、鈴木邦男一水会最高顧問)、田原総一朗(ジャーナリスト)、辻井喬(詩人)、西部邁(評論家)、宮崎学(評論家))とされる方から反対の意見が出されたりしたようです。

彼らの言い分が、

引用

暴力団排除条例にかかわる法律が成立しようとしている。これからは、暴力や暴力団の定義がこれまで以上に警察官僚の(恣意をまじえた)判断にゆだねられ、その勝手に決められる意味での暴力にポジティヴにかかわる行為はきれいさっぱり日本列島から駆除されることになるのであろう。たとえば、暴力に関与せざるをえない者の運命的な哀しさ、といった心情を描き出す言論や文筆も排除される成り行きとなる。

「水清ければ魚棲まず」の喩えを引いて、暴力を(プランクトンめいた)社会の活性源とみなすのは暴論かもしれない。しかし、人間には暴力(不法の物理的力)に向かう傾向が多少ともあるという事実、そしてその傾向の強い者たちが社会に一定程度いるという事実は消去することができない。そういう者たちを囲い込んで、彼らに一定の秩序を与えるのが暴力団(といわれている組織)の一つの存在理由であった。警察庁はそういう者たちをどこに追い込むのか。窮鼠猫を嚙む、の喩えもあるのである。

— 「保守放談 暴排令的思考を排せ」『表現者』2012年3月号、111頁

と、言うのが彼らの主張です。

「暴力に関与せざるをえない者の運命的な哀しさ、といった心情を描き出す言論や文筆も排除される成り行きとなる。」と屁理屈を言ってますが、その様な言論、文筆は普通に考えて排除されないでしょう。

しかも、暴力をする人を囲い込んで、彼らに一定の秩序を与えるのが暴力団(といわれている組織)の一つの存在理由って・・・。

新約聖書 マタイによる福音書 - 章 12

24 しかし、パリサイ人たちは、これを聞いて言った、「この人が悪霊を追い出しているのは、まったく悪霊のかしらベルゼブルによるのだ」。
25 イエスは彼らの思いを見抜いて言われた、「おおよそ、内部で分れ争う国は自滅し、内わで分れ争う町や家は立ち行かない。
26 もしサタンがサタンを追い出すならば、それは内わで分れ争うことになる。それでは、その国はどうして立ち行けよう。

聖書で、イエスが悪霊を追い出しているのを知ったパリサイ人(現在で言えば、知識人やエリート、官僚の様な立場にある人)がその様子を見てイエスに対し、「イエスは悪霊をもっと強い悪霊によって追い出しているんだろ」、と言ういいがかりをつけた話があって、それに対し、イエスは悪霊をもっと強い悪霊で追い出しても絶対に良くならない。

むしろ、悪同士が内部分裂して喧嘩するから、どっちが勝っても、結局、良くはならず悪が蔓延(はびこ)るだけだと言いました。

で、この話は、悪霊を追い出す時だけで無く、国のあり方、個人においては家族のあり方、人との付き合いのあり方など殆どの現象に当てはめる事が出来ると思います。

話を「暴力団排除条例に反対する人達」に戻しますと、彼らは、キリスト教的な考えで言わせて頂くと「愛がない!」。

暴力団を利用しない事で、相手はもちろんの事、都合よく利用する側の自分も霊的(霊魂)にも肉的(人として)にも救われる機会が一つ増える訳です(神様と近付く=祝福される)。相手が暴力から一切手を切るようにさせてあげるのが本当の愛だと思う。

彼らの言う様に、暴力(不法の物理的力)に向かう傾向が多少ともある人がいるも事実、その様な人が社会にある程度いるという事実を消去することができないのも事実。

でも、その様な人が皆、暴力団に属している訳でないのも事実です。仕事を持ち、真面目に働いている人も沢山います。人は、単なる動物じゃないんだから理性を伸ばしてあげるのも愛だと思いませんか❓

結局、暴力を振るう人達も悪いですが、その暴力を助長する様な方向へと利用する人達は、もっと極悪人だと私は思います。

馴れ合いなのは、何か都合の悪い事でしっぽを掴まれているから切れないだけ。単なる言い訳でしょう。

で、この本📖の話から、随分ぶっ飛んでしまいましたね😋

本では、「警察と暴力団も馴れ合いの中にいる」って言ってますけど、これも、そんなものに頼らなくても、テレビ📺ドラマの「科捜研の女」みたいな人達もいるだろうし、最近はスマホで写真や録画する人もいる。第一、そんな悪人が本当の事をしゃべるんだかどうだか、甚だ疑問なんですけどぉ。(主役の沢口靖子さん、最近整形されましたね…ちょっとやり過ぎたかも…。流行ってるんですかね…武田真治さんは、ジョイみたいな顔になったし、松本伊代さんとか堀ちえみさんも…😔滅多に📺見ないんで、そこに目が行く)

で、またまた話がズレてしまいましたけど、要は、彼は、知ってか知らずかサタン的な考えを持っているんでしょうね。必要悪とも言っていますし・・・。暴力団排除条例に反対する知識人達も同じ様な感覚ですね。悪なる心の持ち主こそが、必要悪を肯定したいんです。

過去記事の密教の僧侶と同じ。

merkun.hatenablog.com

悪いところがあってもそのままでいい、残虐な部分、ブラックな部分をさらけて生きて行ったらいい、って無責任な事言ってましたね。

お風呂に入って洗濯された服に着替えた人が、ドロドロに汚れて風呂も何日も入ってないような人に抱きつかれたら嫌ですよね。

でも、その逆で、汚れまくった人が綺麗にした人に抱きつかれても特に嫌な思いしませんよね。

汚れた服や体を洗わないと、どんどん汚れていきます。それと同じで、性格も直せるものは直して行かないと、人にも嫌われて神様にも嫌われる。

信仰の先生が言ってました。ドロドロに心が汚れている人には、この心情が悟れない、と。

では、今日はこの辺で😊お疲れさま〜。